家庭教師に交通費は必要なの?交通手段や交通費の支払い方法などを解説

家庭教師に交通費は必要なの?交通手段や交通費の支払い方法などを解説

自宅に指導に来てくれる家庭教師の交通費は、基本的に家庭の負担となります。

家庭教師の指導料に含まれない場合も多いので、支払いの際に焦らないためにもしっかり確認しておく必要があるでしょう。

この記事では家庭教師の交通手段や交通費の支払い方法などについてご紹介します。

 

家庭教師の交通費とは

家庭教師を利用する際にかかる料金は、授業料だけではありません。

会社ごとに違いますが、一般的に以下の料金がかかります。

・入会金

・保証料

・教材費

・授業料

・交通費

授業料だけでなく、さまざまな費用がかかります。

ただし家庭教師会社によって料金体系が異なるので、事前に詳細をチェックしておきましょう。

この中でも料金が一定でなく分かりにくいのが交通費です。

交通費は、家庭教師の先生が家庭へ赴く際にかかる費用のことを指します。

交通費は家庭教師の先生が住んでいる場所や交通手段によって変わります。

一般的には実費分が請求されます。そのため、自宅の近くに住んでいる家庭教師の方が交通費の負担を抑えられるでしょう。

定期券の範囲内であれば交通費がかからないこともある

先生の定期券の範囲内であれば、交通費がかからない場合もあります。

定期券を持っているかどうかは先生ごとに違いますので、事前に確認を取ってみましょう。

家庭教師が良く利用する交通手段

住んでいる地域や場所によって異なりますが、先生の交通手段には以下の方法が考えられます。

電車やバス

電車やバスを使って通う家庭教師の先生は多いです。

この場合、往復分の電車代・バス代を負担します。

基本的に家庭教師会社は自宅から近い先生を紹介してくれることが多いため、1回分はそれほど負担にならないでしょう。

たとえば仮に1回の交通費が500円で1ヶ月につき4回指導を受ける場合、月2,000円の交通費を支払う必要があります。

車やバイク

地域や生徒の自宅までの距離によっては、車やバイクを利用して訪問する場合もあります。

この場合は往復のガソリン代を支払います。

ガソリン代の計算方法は家庭教師会社によって異なります。

そのため、車を利用することが多い地域の場合は事前に確認しておきましょう。

また自宅に駐車スペースが無い場合はコインパーキング代の支払いも必要です。

「長時間ではないから」と路上駐車をお願いすると、トラブルを引き起こす可能性があるので注意しましょう。

徒歩や自転車

自宅から近い場所に住んでいる先生の場合、徒歩や自転車を利用することがあります。

この場合は交通費を負担する必要がありません。

交通費の支払い方法

交通費の支払い方法は、家庭教師会社ごとに異なります。

ここでは大手の家庭教師会社と個人契約で利用する場合の支払い方法をご紹介します。

大手家庭教師会社を利用する場合

家庭教師会社の多くは、交通費を直接教師に支払うシステムを採用しています。

・家庭教師ファースト

教師に手渡しです。渡すタイミングには都度・月末にまとめてなどの方法があります。

支払い方法は担当の教師と話し合いで決める方針のようです。

 

・家庭教師ノーバス

教師へ直接手渡しで支払います。

 

・家庭教師のフューチャー

交通費は原則指導料の中に含まれています。原則、別途交通費が請求されることはありません。

 

家庭教師会社による交通費の支払い方法は直接教師に支払うことが多いですが、「家庭教師のフューチャー」のように指導料の中に含まれているケースもあります。会社ごとに支払い方法が異なる場合も多いので、事前に確認しておきましょう。

 

支払い方法は現金の場合が多い

教師に直接手渡す交通費は現金で支払います。授業料など他の料金は口座振替やクレジットカードなどが使えることも多いですが、交通費だけは別途現金で用意しなくてはいけません。

そのためいざという時に「現金が無い」とならないように事前に用意しておきましょう。

 

個人契約で利用する場合

家庭教師と個人契約する場合は、交通費を含めた料金について事前に話し合います。一般的に以下の方法が多いです。

・自宅に来るたびに都度1回分の交通費を手渡す

・1ヶ月分の交通費を月末にまとめて現金で支払う

・1ヶ月分の交通費を銀行振込で支払う

どの方法を取るかは話し合いによって決定します。後々トラブルにならないように、契約書にしっかり記載しておきましょう。

また銀行振込にした場合、振込にかかる手数料は依頼側が負担します。

 

まとめ

家庭教師への交通費の支払いは、家庭教師を利用する上の必要経費です。

家庭教師会社は基本的に自宅から近い場所に住んでいる教師を紹介してくれることが多いです。

長く指導してもらう際に、家が近い方が負担が少ないため、できるだけ家が近い教師を選ぶのも選択肢の一つです。

ただし子供が多く家庭教師の需要が多い地域では、近い地域の先生に人気が集中する可能性もあるため早めに相談しましょう。

ただし家庭教師の交通手段によって支払う金額が異なるので、トラブルを避けるためも事前にしっかり確認しておきましょう。