家での勉強で集中するコツは?効率よく勉強できるコツを教えます

家での勉強で集中するコツは?効率よく勉強できるコツを教えます

「家では勉強に集中できない」「家で勉強するとついサボってしまう」とお悩みの人も多いのではないでしょうか。成績を上げたり、受験を成功させたりするには、家での勉強の時間も大切です。

そこで本記事では、家ではなかなか集中して勉強ができないとお悩みの人に向けて、家で

集中する方法や家で勉強するメリットなどをご紹介します。

 

家で集中して勉強できない理由は?

「家でも勉強しなくてはいけないのに、なかなか集中できない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ではそもそもなぜ家では集中して勉強しづらいのでしょうか。

その理由には以下のようなことが考えられます。

 

家は誘惑が多い

家の中にはテレビや漫画、スマホ、パソコンなどあらゆる誘惑が潜んでいます。目に入る誘惑の数が多く、さらに誰も見ていないため「少しぐらい良いだろう」と思いがちです。

そんな誘惑が多い場所ではなかなか集中して勉強がしづらいでしょう。

 

緊張感が続かない

勉強を集中して行うには適度な緊張感が必要とされています。しかし、家は「安心する場所」という認識が強く、なかなか緊張感を保てない人も多いです。

 

つい眠くなってしまう

家ではすぐ眠れる環境もあり、つい眠くなってしまう人も多いです。「仮眠を取るつもりだったのに朝まで寝てしまった」など、寝すぎてしまうこともあるでしょう。

学校や塾などを違い、いつでも眠れるという環境が眠気を誘ってしまうこともあります。

 

家で勉強するメリット

学校や塾だけなく、家でも勉強した方が良いとされているのは、多くのメリットがあるためです。主なメリットには以下のようなものが挙げられます。

 

時間を有効活用できる

家での時間を有効活用できれば、より効率的に勉強を進められます。学校や塾での勉強の進め方は共通ですが、家での過ごし方は人によって違います。家で有意義な勉強の時間を続けられれば確実にステップアップにつながるでしょう。

また家では移動時間が発生しないため、うまく頭を切り替えられれば図書館や自習室などにいくよりもさらに時間を有効活用できます。

 

リスニングなど音を出した勉強ができる

家ではリスニングなど音を出したり、スピーキングなど声を出したりする勉強ができます。家は完全なプライベート空間ですので、音を出しても周囲の迷惑になりません。実際の試験でもリスリングはイヤホンではないため、本番に近い形で勉強に取り組めます。

また英語などは実際に声に出すことで、アクセントや英単語などを覚えやすくなるでしょう。

 

集中して勉強する方法

家で勉強することはメリットがたくさんありますが、実際に集中するにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは家でも集中して勉強する方法をご紹介します。

 

環境を整える

まずは家で集中して勉強をするための環境を整えましょう。いつも誘惑に負けてしまうなら、テレビやゲーム、漫画などの誘惑になりそうなものは目の届かない場所に置いておきます。ついスマホを見てしまうなら、視界に入らない場所に置くなどの工夫をしましょう。

そして勉強に関係のあるものだけを並べます。

誘惑になりそうなものが視界に入らないため、集中しやすくなるでしょう。

 

時間を決めて勉強する

「何時から何時まで勉強する」と時間を決めれば、メリハリのある生活になるでしょう。家でだとついのんびりと過ごしがちですが、時間を決めて勉強に取り組んで休憩を挟めば、時間を有意義に使えます。

 

スケジュールを決める

家で勉強する際には、「今日はここのページまでやる」「〇個の英単語を覚える」などスケジュールを決めるのがおすすめです。スケジュールを決めていないと、ただだらだらと時間が過ぎる状態になりやすいです。

特に受験生は効率的に勉強するべく、試験までのスケジュールを決めておきましょう。

 

仮眠をうまく取る

長時間勉強する時は、仮眠をうまく取ることも重要です。眠い状態で勉強を続けていても、集中力は続かず、内容も身に付かないでしょう。そのため、できれば仮眠の時間を取った方が良いとされています。

しかし、あまり長い時間眠ってしまうと体が本格的に寝るモードに入ってしまうため、適度な時間に留めておく必要があります。仮眠は15~20分程度にしておきましょう。

さらにベッドに横になると起きられなくなる可能性がありますので、机に突っ伏して寝る方がおすすめです。また寝過ごさないようにタイマーをかけておきましょう。

 

適度に体を動かす

座りっぱなしで下を向いていると血流が悪くなり、肩こりや腰痛の原因になるとされています。集中力もなくなってくるので、適度に休憩して体を動かしましょう。

できれば、30分~1時間に1度は椅子から立ち上がってストレッチなどをするのがおすすめです。

 

まとめ

家での時間を効率的に使って勉強することができれば、学力をつけるのに役立つでしょう。

いきなり集中して勉強するように切り替えるのは難しいため、まずは家での勉強に慣れるところから始めるのがおすすめです。

そして家での勉強に集中できないと思ったら、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。