家庭教師の契約方法【派遣会社経由と個人契約の違いは?】

家庭教師の契約方法【派遣会社経由と個人契約の違いは?】

家庭教師をお願いするときは、「子供と相性が合わなかったらどうしよう」「成績があまり伸びなかったらどうしよう」「本当に信頼できる家庭教師かな…?」などの懸念点があるかと思います。

プロ家庭教師ではなく、大学生の家庭教師であれば尚更心配する人は多いのではないでしょうか?

たしかに、塾であれば塾長さんに相談したり、クラスや曜日を変えてもらったり、他の生徒の親御さんに訊いてみたり…など自分である程度出来る対処法が浮かびます。しかし家庭教師となると、トラブルが合ったときはどうするの?と疑問を持っている方もいますよね。

家庭教師と一言で言っても、その種類は大きく2タイプに分かれます。

派遣会社経由の家庭教師

一つ目は、家庭教師派遣会社経由の家庭教師です。これは、企業から派遣されるシステムで、家庭教師は派遣会社に所属しています。この派遣会社は、親御さんからの依頼によって家庭教師を派遣します。

家庭教師として働きたい方は、この派遣会社に登録することによって、家庭教師先の斡旋を受けているのです。

トラブル時も安心

家庭教師派遣会社経由での一番のメリットといえば、指導内容の確認や各家庭のフォローアップなど、家庭教師だけでなく派遣先の生徒さんまでバックアップを行ってくれる点です。

そのため、万が一家庭教師とのトラブルがあったとしても、家庭教師の派遣会社が様々なフォローをしてくれます。

相性が合わないなと思ったら、家庭教師の変更を依頼することも可能ですし、体調不良などでお休みしてしまったときも簡単に別日に振り替えすることも出来ます。

何かしらの不安点がある場合にも、家庭教師派遣会社に相談することができるので安心です。いわば、塾と同じようなシステムで家庭教師をお願いすることができるんですね!

相性が良いマッチングが期待できる

続いてのメリットとしては、万が一のときも派遣会社からのフォローを受けられることだけでなく、相性が良いマッチングを行ってくれるということも挙げられます。

当たり前ですが、家庭教師側には得意な科目があり、生徒側にも希望する科目があります。たとえば、生徒側は英語を希望しているにもかかわらず、英語が苦手な家庭教師に指導をお願いしても学力が向上するとは言い難いですよね。

このようなミスマッチが発生しないよう、家庭教師派遣会社が相性の良い家庭教師と生徒のマッチングを行っているのです。これによって家庭教師と生徒のどちらにもメリットのある授業が可能となります。

熟練の家庭教師を希望できる

また、「お願いする家庭教師が未経験の方だと、きちんと指導してくれるか不安」という人も多いかもしれません。このような点は、家庭教師派遣会社を利用すれば安心です。

なぜかと言えば、家庭教師派遣会社によっては指導の研修を行っている所が多いからです。このような場合、研修を通して家庭教師のノウハウを身に付けてから紹介される流れになっているので、安心してお任せすることができるでしょう。

まずは、家庭教師派遣会社について詳しく調べてみることも大切ですね。

家庭教師派遣会社経由の場合のメリット

  • 万が一家庭教師とのトラブルが発生した場合は派遣会社に対応をお願いできる
  • 家庭教師と生徒のミスマッチが少なくなる
  • 研修を通して家庭教師のノウハウを身に付けている先生が比較的多い

個人契約の家庭教師

家庭教師の契約方法【派遣会社経由と個人契約の違いは?】

二つ目に挙げるのが、個人契約の家庭教師です。こちらは、知人や友人からの紹介などが多いようです。

信頼できる人だけに依頼できる

個人契約でいきなり初めての人と契約を結ぶことには、抵抗がある方も多いですよね。

そのため、自分の周りに家庭教師を利用している人はいないか、その人を紹介してもらうことはできないか、周囲に「家庭教師を探している」ということをお知らせしていく必要がありそうです。

友人や知り合いの紹介では、相手(家庭教師)の素性をしっかりと知った上でお願いすることができます。これは、家庭教師派遣会社経由ではできないことですね。

好条件の契約も可能

また、知り合い限定で相場よりもかなり良い条件で契約することもできるかもしれません。

家庭教師派遣会社を通すとその分手数料がかかってしまうため、個人契約の方が比較的リーズナブルに契約することができるでしょう。また、家庭教師と相談しながら、直接交渉できることも多いです。

個人契約のメリット

  • 友人・知人からの紹介であれば信頼性が高い
  • 知人との交渉によっては相場よりも好条件になる場合もある

しかし、万が一家庭教師との間でトラブルが発生した時には、すべて自分たちで対処しなければならないという手間があります。特段の保証がない限り、キャンセルされてしまった場合なども、代替家庭教師が来てくれることはほぼないでしょう。

こういったトラブルが不安な場合には、家庭教師派遣会社を通した契約がおすすめです。

希望条件などによって使い分けよう!

家庭教師には、派遣会社から派遣される家庭教師と直接契約を行う家庭教師の2タイプ存在します。それぞれに特徴がありメリットも異なるので、利用する場合には希望条件や自分の好みに応じて使い分けるのが有効だと言えるでしょう。

また、個人契約の場合には何かトラブルが起きた時に自己責任となることが多いので、特に注意してください。

こういった家庭教師ならではのデメリットも知っておくと、家庭教師をお願いしようか迷ったときの判断材料ともなってくれるでしょう。