近年の入試情報【AO入試対策】

近年の入試情報【AO入試対策】

家庭教師をお願いする方の多くは、中学受験や高校受験、大学受験などの受験勉強のために家庭教師を利用したいと考えている人が多いことでしょう。その中でも、近年の大学受験は大きく様変わりしており、一辺倒の勉強方法だけでは必ずしも合格できるとは限りません。

様変わりする受験方法【AO入試】とは?

代表的な受験方法としては、AO入試が挙げられます。これは一芸入試とも呼ばれており、内申書、活動報告書、面接、小論文などで評価をする受験方法です。

受験する学部・学科によっては、たとえばプレゼンテーションであったり、グループディスカッションであったり、受験生同士でグループワークを行ったりなど、一般の大学受験では考えられないような受験方法が取られています。そのため、非常に特殊な受験と言えるでしょう。

大学受験を考えている方の中には、このAO入試を受けることになる方も多いかもしれません。その対策として、家庭教師を利用することも段々と増えてきています。

AO入試は特殊な受験方法を取っていますから、実際にAO入試で大学に合格した方が家庭教師として指導してくれることは心強いでしょう。

塾の場合は、多くがセンター試験や一般入試に備えた授業を行っている所が多いですから「AO入試に挑戦したい!」という方には最適とは言い難いかもしれません。

AO入試に合わせた家庭教師の指導とは?

では、具体的にはどんな指導を受ける必要があるのか、説明していきましょう!

AO入試では一般的に小論文と面接がセットで行われることが多いです。そのため、小論文対策や面接対策を行う必要があるでしょう。

家庭教師会社によっては小論文や面接に関する研修も行っていますので、これによって適切な指導を受けることができます。家庭教師を依頼する際に、こういった指導は行ってくれるかどうか確認しておくと良いでしょう。

こういった特殊な受験の授業は難しいものですが、一人でやり切ろうとせず、AO入試を経験したことのある方に助言を求めるのが一番です。

集団指導では受けられなかった指導も、家庭教師であればマンツーマンの特権を活かして指導を受けられることもあるんですね!

小論文の指導

小論文は、はじめて書こうとするとなかなか上手に書けないものです。小論文を書く上では、文章構成とコツをつかんでおく必要があります。

特に、問題をひたすら解く勉強とは異なり、書いた小論文を添削してもらい、良かった点や悪かった点などフィードバックを受ける必要があります。親御さんご協力のもと行うこともできますが、やはり専門的な指導は家庭教師にお願いすべきとも言えるでしょう。

マンツーマン指導により、小論文を書く上で得意なことや不得意なこと、文章の書き方のくせなども知ることができます。自分で書いた文章を客観的に読むことはなかなか難しいですから、第三者の視点からアドバイスをくれる家庭教師は、小論文添削においてはぴったりと言えるのではないでしょうか。

面接のアドバイス

面接においては、模擬練習などはやはり学校の先生にお願いするのが一番です。

しかし、面接時によく聞かれる質問や、相手へ伝わりやすい回答の仕方などは、実際に面接を経験した家庭教師がいれば、詳しく聞くことができます。また、面接の場で緊張し過ぎてしまう方などは、ある程度気楽に話すことができる家庭教師と練習してみるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、実際にAO入試(小論文や面接)を経験した方が身近にいると心強く、精神的にも楽になれるのではないでしょうか。

AO入試では学力は関係ない?

ここまでの解説を読んでいると、「AO入試は学力は重視されないの?」と疑問に思った方もいるかもしれません。

たしかに、AO入試は一般的な入試とは異なり、どちらかと言えば内面や人柄重視と言われている部分もあります。だからといって、学力は一切関係ないということはありません!

AO入試の際に提出する内申書は、言わば学校での成績表です。そのため、極端に成績が悪いようでは書類審査の時点で落とされてしまう可能性も十分にあります。

いくら内面や人柄を見ると言っても、毎日の勉強をおろそかにするあまり、内申書によって落とされてしまう…という最悪の事態も念頭に置いて勉強しましょう。

一般入試では本番一発でのテスト結果によって合否が左右されますが、AO入試では逆に、日々の勉強やテスト結果によって合否が左右されると言えますね!

「出来るだけ定期テストでは良い点を取っておきたい!」という考えから家庭教師にお願いすることも、もちろんAO入試に役立ちます。

特殊な入試方法だからといって諦めず、AO入試対策にはどんなことが必要なのかしっかりと情報入手を行いましょう!