質の高い指導を求める方には【プロ家庭教師】がいい理由

質の高い指導を求める方には【プロ家庭教師】がいい理由

学力が問われる時代はいつの時代になっても変わりません。子どもの学力が低いのではないかと心配な親御さんもきっと増えているかと思います。

むしろ、「学力が必要ない」という言葉が流行すればするほど、別の角度からの学習が力を付けてきます。そのため、世の中から必要とされる、社会的に優れた人間として認識されるようになるためには、学生の頃の学力がどれくらい付いているのかが影響するとも言えるでしょう。

そのため、「プロ家庭教師を雇って受験を成功させたい!」と思っている人も多いかと思いますので、今回はプロ家庭教師を使った勉強方法について紹介していきます。

プロ家庭教師とはなにか

プロ家庭教師が評価されている秘密は、その実績にあります。生徒がどのような学校に合格したのかということが直接評価に繋がるため、次の年には生徒の親から依頼が殺到するのです。

仮に志望校に合格できなければ実績が足りないので依頼が来ず、家庭教師を廃業せざるを得ません。そのため、全力で生徒への指導に取り組みます。

学生の家庭教師との違い

プロ家庭教師は、学生のように他の用事で時間を取られないことが一番の違いです。そのため、100%家庭教師の仕事に集中します。

「そんなの当たり前じゃないか」と感じる人もいるかもしれませんが、家庭教師というと、普通は大学生などがアルバイトで行なっていることが多いです。

そのため、他のバイトや学業などを行わなければならず、家庭教師の仕事に本腰を入れることが出来ない可能性があるのです。学生の場合にはテストなどの都合で授業日が変更になったりします。

スケジュールがきちんと押さえられるプロの家庭教師であれば、そのような心配がありません。生徒の都合に100%に近い形で応えてくれるため、ノンストレスで授業を受けることが出来るでしょう。

このような特徴を持つ家庭教師ですが、生徒との年が離れているため、学生よりも高いコミュニケーション能力を求めらることも多く、その点に関しては安心できるでしょう。

また、難関校合格の生徒を多数輩出しているプロ家庭教師というのは指導力が高いと言えます。

どのような家庭教師を選ぼうか悩んでいる人は、プロ家庭教師を選んだ方が正解とも言えるでしょう。せっかく家庭教師を頼むのであれば、明確な実績を持っているプロの家庭教師がおすすめされています。

プロ家庭教師と学生家庭教師の違い

  • 急なキャンセルや変更などはほとんどない
  • コミュニケーション能力が高い
  • 難関校合格の実績がある

プロ家庭教師の実績に注目

プロの家庭教師を頼む際に気になる点といえば、家庭教師の指導力です。

プロと名乗っている以上は、そこに実績が無ければ信用することが出来ません。逆を言えば、これまで生徒をどのように指導してきたのかは、生徒の学力向上の実績を見てみれば分かります。このように、プロの家庭教師は実績が命となっているのです。

では、具体的にはどのようなところで実績を評価すべきなのでしょうか。

それはやはり「合格校」が一番参考になるでしょう。家庭教師を頼む際には、やはり志望校合格が目標となっている親子がほとんどです。

そのため、どのような学校に生徒を合格させたのかということが非常に大きなポイントとなってきます。

実績は家庭教師としてのブランドにも影響を与えます。家庭教師自身がどんな実績を掲げているのか?ということも注目しましょう!

プロ家庭教師との相性に注目

プロの家庭教師を雇うときに気をつけなければいけないことは、その先生と子どもとの「相性」です。

学生家庭教師の場合には生徒との年齢が近いため、話題も共有しやすいという特徴を持っています。そのため信頼関係も築きやすいのです。

しかし、プロの家庭教師の場合にはどうしても年齢が離れてしまいます。いくら打ち解けようとしてもどうしても馴染みにくかったり、馴染むまでに時間がかかってしまったりすることが多いでしょう。

このように、プロの家庭教師を雇うときには、教師の質を見極めることが求められます。

一概にプロという言葉を使っていても、全員が同じクオリティというわけではありません。せっかく頼んでみてもクオリティが低かったがため、学習効果が薄いという可能性も考えられるのです。

どんな先生だった?と子どもに訊くことで、相性がいいかどうかを評価することも大切です!

また、プロ家庭教師は授業が上手なだけでなくモチベーションやスケジュールの管理も上手でなければいけません。目標の志望校に向けてどの程度学力をアップさせていくのか、具体的な言葉や数字を使って説明してくれる先生かどうかも注意して見てみましょう。

そのようなことにもぜひ注目しながら、相性の良いプロ家庭教師を見つけてくださいね!