個人で家庭教師を頼むときの方法

個人で家庭教師を頼むときの方法

最近では家庭教師が非常に注目されており、単に学習塾の個人版と言う枠組みを超えて生徒に合わせた指導が出来る非常に効率的な役割を担いつつあります。

家庭教師がここまで主流になったいま、家庭教師を雇うのはそれほど難しくありません。しかし、はじめて家庭教師を頼む場合には、どのようにしてお願いすればいいのか不安に感じることもあるでしょう。

そこで今回は、個人契約で家庭教師を頼むときに何から始めればいいのか?を紹介します。どんな風にして頼めばいいか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

家庭教師が主流になってきた背景

家庭教師が学習塾よりも優勢になってきた大きな背景には、自宅で安心して勉強ができる子供が夜間に出かける負担が減るというメリットがあります。最近は治安の悪化が懸念されるようになったため、学校からの帰宅後にそのまま学習をさせることを望む保護者が多くなっているのです。

さらに、費用に関しても家庭教師はそれほど高くなくなったこともあって、その人気が明らかに学習塾からシフトしてきていると言えます。今後は、少子化の傾向が一層深刻になって行くこともあって、子供に充実した学習をさせたいと言う保護者はさらに増えて行くのは必死の状況でしょう。

これにより、家庭教師へのニーズは単に科目を教えるだけでなく、様々な一般常識や社会的な知識を伝授する機会としても注目されています。家庭教師のレベルアップはさらに高いモノが求められるかもしれません。

家庭教師の頼み方

かつての家庭教師の頼み方というと、知り合いの大学生やそのツテを使って頼むのが一般的でした。しかし現在では、インターネットが大きく普及したこともあって、色々な家庭教師人材をダイレクトに探すことが出来ます。

(1)インターネットで探す

個人契約で家庭教師を頼む場合、インターネットで探す方法が最も効率的とされ、希望コストに合わせて人材を探すことが出来ることも大きな魅力です。

インターネットで探すということが単に一方的に探すことが出来るだけでなく、ネット上で希望する人材を募集することが出来るとも言えるでしょう。つまり、家庭教師として働きたい大学生や社会人が、家庭教師を必要としている保護者を直接探すことが出来る仕組みも存在しています。

従来のような家庭教師を派遣するサービスもまだまだ多い一方で、家庭教師(特に学生家庭教師)が仲介業を使うことを必要とせずにネット上で検索できるサービスも多く登場するようになりました。

これにより、家庭教師の成り手が一気に増えていることもあり、労働単価は以前よりも小さくなっていることが顕著となっています。

この傾向は、家庭教師を検討している保護者にとっては非常に嬉しい傾向ですよね!

インターネットで家庭教師を探すこと=低コストで優秀な家庭教師を得られることを意味しています。

(2)費用を確認する

希望する家庭教師が見つかったら、次にすべきことは費用の確認です。

日本人には、値段が安すぎるものは結果的に損をするという潜在意識があり、そこそこの値段の商品やサービスを購入することが良いとされていました。しかし、長い不景気と収入源の減少によって、少しでも安い人材を探さなければ家計に影響を及ぼすということが現実です。

それでも、家庭教師市場の現状は、安価な家庭教師だからといって質が悪いと思うのは勝手な思い込みのようです。

それは、家庭教師の成り手が急増したことによって、質の競争と言うよりも市場のメインは完全価格競争となっているからでしょう。そのため、子供の学習レベルにマッチした家庭教師を探すことは、たとえ価格を下げて探したとしても十分に満足できる人材が見つかる世の中となっているのです。

費用や安いからといって家庭教師の質が低いとは限りません。ただし、あまりにも高すぎる・安すぎるという場合には、なにか理由がないか気を付けましょう。

プロ家庭教師を希望する場合は?

家庭教師を探す上で、『プロ家庭教師』という呼び方を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?プロ家庭教師とは、明確な定義はありませんが、家庭教師の仕事だけで生計を立てている家庭教師一本の社会人のことを指していることが多いです。

前述の通り、価格を下げて家庭教師を探しても、十分に満足できる人材が見つかる世の中。家庭教師を探す立場としては嬉しい限りですが、逆に言えば、家庭教師だけで生計を立てるのは非常に難しくなって来ています。

そんな中、プロ家庭教師は家庭教師の仕事のみで生計を立てられるほど、指導力が高い・合格実績が多数あるなど経験豊富なため、非常に重宝される存在となっています。

もし、確実にプロ家庭教師にお願いしたい!という考えをお持ちでしたら、個人契約よりも家庭教師センターの利用をおすすめします。希望条件を家庭教師センターの担当者に伝えるだけで、それに見合った最適な家庭教師を紹介してくれますよ。

家庭教師センターになると各家庭教師を紹介しているところもあるので、大いに参考になります。