良い家庭教師の見極め方とは?

良い家庭教師の見極め方とは?

家庭教師のような個別指導のメリットは、先生と生徒が1対1で親身になって子どもたちに勉強を教えてあげることができることです。これは集団学習塾には無いメリットです。

子どもたちが持っている本当のやる気や能力を導き出してくれる家庭教師に教えてもらいたい!と思っている保護者の方々は多いことでしょう。家庭教師の技量や性格にも違いがありますので、子どもとすぐに溶け込める家庭教師に来てもらいたいと思うものです。

今回は、これから子どものために家庭教師を依頼したいと思っている保護者の方々に知っていただきたい内容となっています。ぜひご参考ください。

良い家庭教師の見極め方はある?

家庭教師は生徒に対して直接指導をしてくれますので、苦手分野の克服もできるようになります。せっかく月謝を払って来てもらうので、子どもの成績が伸びてほしいと考える方がほとんどだと思います。

そこで気になるのが、どうしたら良い家庭教師に来てもらえるか?ということではないでしょうか。

良い家庭教師にめぐり合うにはどのようにすれば良いのか?ポイントを知っておくと大変便利です。事前に家庭教師選びのポイントを知っておくだけで、素晴らしい家庭教師と出会える確率が高くなります。

そこで、特に見ておくべきポイントを2つ紹介します!

合格させた実績があるかどうか?

合格させた実績があるかどうか?

誰もが自分の子どもを志望校に合格させたいと思っているでしょう。もしかすると、家庭教師を依頼する人の半数は「目指せ!志望校合格!」といった目標を掲げているのかもしれません。

志望校への合格を目指すには、教え方がうまい先生に教えてもらうことが一番の近道です。そこで、志望校に合格させたことがある実績が重要になってきます。

良い家庭教師を選ぶ基準はたくさんありますがその中の1つに「合格させた実績が多くある先生」を選ぶことが重要です。多くの親御さんが一番重要視している部分です。

有名学校に合格させる能力を持っている先生は教え方がとても上手いです。生徒のやる気と能力をうまく引き出してくれます。

さらに、早い段階で苦手教科を克服するために子どもと一緒に考えてくれます。そうすることで見事に志望校の合格を導いてくれるでしょう。

実績がある家庭教師は、子どもたちの性格に合わせることも上手で、すぐにお互いが溶け込んで一緒になって志望校を目指すことができます。これは小学生・中学生・高校生と各年代の子どもたち共通で言えることです。

これから家庭教師を依頼したいと思っている人は、先生の合格させた実績を元に選んでみると良いでしょう。

合格実績はいわばその家庭教師のキャリアを示していますので、合格実績が多ければ多いほど優れている家庭教師と言えます。

親身になってくれるかどうか?

親身になってくれるかどうか?

家庭教師は1対1で勉強を教えてくれますので、分からないことがあればすぐに先生に聞くことができるメリットがあります。ここで重要なのは、家庭教師の先生がどれだけ親身になって優しく指導をしてくれるか?ということです。

前述の通り、合格実績で判断することもちろん大切ですが、個別指導の場合は先生がどれだけ子どものために真剣に勉強を教えてくれるか、どれだけ親身になって苦手教科を一緒に克服してくれるかが重要なポイントになります。

子供に寄り添って勉強に付き合ってくれなければ、個別指導の意味がありません。家庭教師で子どもの成績を上げるのが上手い先生は、親切丁寧に優しく分かりやすく勉強を教えてくれる先生です。その優しさが子どもたちにも伝わり、やる気に繋がっていきます。

また、真剣に子どものことを考えてくれる家庭教師は学習プランをしっかり立ててくれます。どのように勉強をすれば効率的に理解できるかを事前にプランにして教えてくれるのです。

ここまでやってくれる家庭教師から勉強を教えてもらえれば、必ず成績がアップします。

一辺倒の教え方ではなく、生徒の得意・不得意に合わせて学習プランを組んでくれる先生が望ましいですね。

自分の希望する条件をあげてみましょう

良い家庭教師を定義づけることは難しいですが、

  1. 合格実績をしっかりと残している
  2. 子どものことを第一に考えて分かりやすく指導してくれる
  3. お互いが心と心のキャッチボールをしながら勉強を教えてくれる

というのは最低限必要な条件となるでしょう。

もちろん、他に違う条件をあげる人もいると思います。子どもと年が近い方が良い、世間話をして打ち解けてくれる人が良い、家から近い人が良い…など。

家庭教師に求めるものは人それぞれ違ってくるものですから、ぜひ子どもの要望も聞きながら、成績アップを目指せる家庭教師を見つけられるといいですね。