受験を成功させるために必要なこと

受験を成功させるために必要なこと

受験は人生のターニングポイントであり、合格するかどうかで今後の人生が大きく変わる行事とも言えるでしょう。

早いところとなると中学で存在するところもありますが、多くの人は高校受験が初めての受験として経験するのではないでしょうか?出題される問題は学校によって変わりますが、それを乗り越えなければ入学する資格がないと見られているのは確かなことです。

今回は、受験を成功させるために必要なことについて解説していきます。

受験に備えるために必要なこと

受験に備えるために必要なこと

受験勉強は、ただがむしゃらに始めればよいといわけではありません。まずは受験に備えてどんなことが必要なのでしょうか?

受験勉強は早めにスタートする

受験に対応するには、当然ですが受験勉強をしなければいけません。勉強自体は普段から学校で学んだことを復習する意味合いでしますが、受験勉強となると意味合いが変わり、今まで学んできた全てのことから復習を考えなければいけません。

そのため、受験が近づいてきて始めるのは遅すぎることであり、自分が受験生となったときから、また目指すレベル等によってはその前から始めなければいけません。受験勉強は早めにスタートすることがとても大切です。

始めからMAXで勉強する必要はないので、受験勉強をする習慣を付けるという意味合いでも、ぜひ早めにスタートダッシュを切りましょう。

効率の良い勉強方法を見つける

しかし、長い期間をかけて受験勉強をする必要があるため、何も考えずにやるのはいけません。それでも突破できるという人はいるかもしれませんが、効率としては最悪なものになってしまうでしょう。

勉強において学校から出された宿題をただ「作業」として処理するのは好ましくないのと同じように、受験勉強もやるのであれば相応の思考を持って行わなければいけません。

「受験のために勉強しなければ」

このような考えを持った時点で効率の悪い進め方になるのは約束されたも同然。「何のために」勉強をするかを考えることが大事です。では、実際に受験勉強をするのであればどのようにしていけばよいのでしょうか?

自分に最適な勉強の進め方を見つけるまでは、オーソドックスな進め方を知っておきましょう。

受験勉強の進め方

受験勉強の進め方

受験勉強を行うのであれば、勉強をするときにどのような勉強をするか考えることが大事です。受験する学校によってもその受験科目が違いますが、基本的には今まで自分が習ってきたもの全体から問題が出ます。

長い期間ではありますが、がむしゃらに今まで習ってきたこと全てを勉強するのは幾ら時間があっても足りません。

始めは苦手科目から

集中的に勉強するのであれば、自分が自信がない、苦手としている、覚えていないとされるものから勉強しましょう

本人の勉強次第によりますが、今まで勉強してきて既に頭の中にしっかりと覚えているものもあると思います。数学の計算問題の公式を覚えているのであれば、今一度改めてやる必要はないのと同じことです。

自分が覚えているものを勉強したところでは、受験勉強ではあまり意味がありません。対策をしたいのであれば、自分の頭の中に入っていないとされるものを入れるようにしなければいけないのです。

しかし、覚えているものも時間が経つと忘れてしまうのは確かであるため、定期的に復習も兼ねて勉強するのはとても良いことです。基本は覚えていないものの勉強をして、時々覚えているものを復習するということが繰り返しとなります。

自分が何を苦手としているか、勉強前にそれらを全て洗い出して整理をしておきましょう。

受験勉強で大切なことは?

受験勉強というと「寝る間を惜しんで…」というイメージを持っている方も多いと思います。しかし、受験勉強をする上で大事なのは、勉強のやり方はもちろんですが「休む」ことです!

人間は機械ではないため一年中常に精力的に活動できるわけではありません。眠くなったら睡眠を取るように、休んで体を回復させなければいけません。

イメージとしてある徹夜は受験勉強において最も愚かな行為とも言えます。人間は疲労や眠気があると頭の働きにも影響が出て、正常時よりも物を覚えづらくなります。

寝る間も惜しんで活動をしていた人の中には「寝る前に何をしていたか覚えていない」という経験をしたことがある人もいると思いますが、それと同じことです。どれだけ勉強しても覚えなければ何の意味もありません。

徹夜で勉強をするよりも、睡眠をしっかりと取って疲れと眠気を取り、その後に勉強をした方が効率としては遥かによいのです。そのため、寝る間も惜しんで徹夜で勉強することは、受験勉強においては避けるべきでしょう。

睡眠の話だけではなく普段も疲れが出ているのであれば、一旦勉強は止めて休憩をしましょう。どれだけ勉強しても無理をして自分の健康に異常を出してしまい、それで受験を受けられなければ意味がなくなってしまいます。

上手に休憩を取り、自分の体にも気を使える人間が受験に限らず物事において成功をしやすいのです。

ぜひ自分のペースを保ちながら、受験勉強に励んでくださいね。