目指せ志望校合格!大学受験前に知っておきたい心構え

目指せ志望校合格!大学受験前に知っておきたい心構え

経済不安など、日本の将来の展望が暗くなっていく中で、これからますます大切だと叫ばれているのが子どもの学力です。学歴というのは日本だけに留まらず、世界中で通用するステータスとなるため、そのステータスを手に入れることによって豊かな人生が約束されます。

では、そのような学歴を手に入れるためにはどうすれば良いのでしょうか?やはり、大学へ進学することが前提となってくるでしょう。

大学受験は長く険しい道のりのため、誰しもが挫けてしまいそうになる人生のイベントです。しかし、この受験を乗り越えてこそ、自分の将来を広げることになるでょう。今回は、大学受験前に知っておきたい心構えについて紹介したいと思います。

受験に臨むうえで必要なもの

展望やビジョンを描く

受験勉強のために必要なものは、夢や目標です。逆に、これが無いとモチベーションの管理が非常に難しくなります。

たとえば、目標としている先輩がいる、その大学でしか学べない分野の勉強をしたい、将来やりたい仕事のためにこの勉強をしたい…などが一般的になるでしょう。自分の夢や目標に向かって進める人こそが、受験戦争を勝ち抜く確率が格段に高いのです。

イメトレをする

難関大学の受験のときなどは、自分がもしも受かったときのイメージトレーニングをしておくのも一つの手段です。難関大学のキャンパスライフは華やかなものが多く、それだけでも十分にモチベーション管理に繋がることでしょう。さらに、そこに将来の展望などを組み合わせることによって、よりその効果が高まります。

人生設計をする

早いうちから自分の将来をどのように作っていきたいのか?つまり、人生設計を真剣に考えている人が勝利を掴むことが出来ます。逆に、このような想いを持っていない人が受験戦争を勝ち抜きたいという場合には、無理矢理にでもメンタルトレーニングをしていくことが重要になるでしょう。

漠然とした想いで臨む受験勉強は想像以上にハードとなるため、それなりの心構えを持つことが大切です。

モチベーションを維持する方法

受験勉強を根気よく続けていくためには、モチベーションをコントロールする方法を自分なりに探らなければいけません。いくら受験勉強へのやる気があっても、精神的にも弱い部分も当然あります。そのため、勉強以外の楽しいことにうつつを抜かしてしまう可能性も十分に考えられるのです。

つまり、そのような誘惑をどうやって乗り切るのか?も考えておかなければ受験戦争に負けてしまう可能性が高まります。

対策と言っても、漠然としたものでは無意味です。「頑張る」や「気合で乗り切る」といった解決策は全く役に立たないということを念頭に置きましょう。具体的かつ自分の達成できるような対策案を練ることを心がけてください。このような対策は人それぞれに効果が変化しますので、自分の効果のある対策を次々に試していくと良いでしょう。

代表的なものは「報酬を与える」というものです。例えば、1時間勉強をしたら20分スマートフォンを触っていいなどのものです。人間の集中力は保つことが出来てもせいぜい数十分と言われています。そのため、このような対策は非常に効率的です。

「ここまでやったら〇〇をやっていい」といったように自分の好きなこと・ものをご褒美として与えることは効果的です。ぜひ色々な方法を試しながら、自分に最も効率のある方法を探してください。

受験勉強の進め方

数ある勉強方法の中でも、特に家庭教師を利用するメリットが高いと言われている理由の一つに、一人ひとりに合った指導をしてくれるという強みがあります。すべての人間は学力や性格などの個性が千差万別のため、どのような指導方法が最適かは人それぞれです。

家庭教師は個性に合わせた指導方法をしてくれるため、勉強効率の最適化を図ることが出来ます。

例えば、勉強する科目についても苦手科目や得意科目は人によって違いますよね。そのため、その学校の指導の進み具合と受験する学校のレベルと照らし合わせて、どのような計画で勉強するか?という計画を立てることから授業が始まることがほとんどです。

授業計画は家族同士と相談して行われることも多く、家庭に入って授業をしていけるというのも家庭教師の魅力です。

集団指導の学習塾ではどうしても抜け落ちてしまう穴に対してぴったりと埋め合わせる能力を持っているのが家庭教師です。もしも集団指導の指導方法が合わなかったという経験があれば、家庭教師の指導が良いのかもしれません。自分に最適なパートナーとマンツーマンで勉強することによって、志望校合格が近づきます。

今回紹介したテクニックはほんの一部です。ですが、受験勉強を始める上で何をすればいいか分からない!という方は、まずはこちらを読んで心構えをしてもらえればと思います。