発達障害の子にも家庭教師がおすすめ!その理由とは?

発達障害の子にも家庭教師がおすすめ!その理由とは?

発達障害の子の場合、周りのペースを合わせるのが難しい場合もあります。そのため周りと同じ様に学習することが困難で、勉強が遅れてしまうという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを持つ方におすすめなのが、家庭教師サービスです。この記事ではなぜ発達障害の子に家庭教師がおすすめなのか、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

認知度が上がってきた発達障害

近年、「発達障害」という言葉を聞くことも多くなったのではないでしょうか。発達障害とは、脳機能の発達にかたよりがあるため、生活にさまざまな困難が生じてしまう症状全般のことを指す言葉です。

しかし発達障害といっても、タイプ別によって症状は多種多様です。また病院にいってもなかなか診断名がつかないこともあり、その場合は「グレーゾーン」と呼ばれています。

発達障害の認知度は上がっても、まだまだ「変わった子」「しつけがなっていない」と思われることもあり、本人や家族が傷ついてしまうことも少なくありません。

発達障害で勉強についていけなくなる子供たち

文部科学省が発表している「平成27年度発達障害の可能性のある児童生徒等に対する支援事業報告会」によると、「知的発達に遅れはないものの学習面又は行動面で著しい困難を示すとされた児童生徒の割合」で「学習面又は行動面で著しい困難を示す」とされた生徒は約6.5%となっています。

このような状況から特別支援学級や発達障害児童の受け入れなど支援事業も進んでいますが、まだまだ全国的には充実しているとはいえないのが現状です。

その結果、学校の授業についていけず、孤立感を抱いてしまう場合も多いとされています。

出典:文部科学省「平成27年度発達障害の可能性のある児童生徒等に対する支援事業報告会」

発達障害の子に家庭教師がおすすめの理由

発達障害を抱える子供にとっては、大勢と同じことを求められる学校での学習は困難なこともあります。同じように学習塾などでも、他の子供たちのペースに合わせるのは難しいことも多いです。

家庭教師であれば1対1のため、その子に合わせたペースで指導ができます。落ち着いた環境で勉強ができ、他の子の目を気にする必要もありません。

また、以下のようなメリットが考えられます。

一人一人にあった指導を行ってくれる

家庭教師はマンツーマンで行うため、その子の個性に合わせた指導を行ってくれます。

また発達障害の場合、勉強だけでなくコミュニケーションも大切とされています。その子に合わせたコミュニケーションを取り、勉強による苦手意識を払しょくし、モチベーションアップを図ってくれる場合も多いです。

発達障害に合わせた学習習慣を教えてもらえる

「発達障害」とひとくくりにされがちですが、その特性は人によってさまざまです。そのため単に問題を解いたり、解説したりするだけでは、その子に合った学習習慣が身につかないことも多いです。

しかし発達障害コースがある家庭教師サービスなら、子供が自分一人でも勉強ができるような学習指導を行っている場合もあります。勉強の仕方を身に付けることで自主性が身に付き、進んで勉強をするようになる可能性もあるでしょう。

専門家が在籍している家庭教師サービスもある

発達障害にはさまざまな特性があり、その子ごとに合わせたカリキュラムを組む必要があります。

家庭教師サービスによっては「発達障害コミュニケーション指導者」などの資格者などが在籍している場合もあり、家庭教師へ指導を行っています。専門家を交えたスタッフが生徒に合ったカリキュラムの設定などを行ってくれるので続けやすいでしょう。

発達障害の子に合わせた家庭教師サービスの選び方

家庭教師を派遣するサービスは多くありますが、内容はサービスごとに異なります。ここではサービスを選ぶポイントや注意点についてご紹介します。

発達障害サポートをしてくれるサービスを選ぶ

家庭教師を含めたスタッフが発達障害に対して理解をしていないと、適切なサービスやサポートが受けられない可能性があります。そのため発達障害のサポートを行っている家庭教師サービスを選びましょう。

家庭教師サービスによっては、発達障害サポートを専門とするコースを用意している場合もあります。知識や経験が豊富な家庭教師が揃っているので、安心して任せることができるでしょう。

専門家のバックアップがある

発達障害は人によってさまざまな特徴があるので、専門家のアドバイスが有効な場合も多いです。そのため家庭教師サービスによっては「発達障害コミュニケーション指導者」などの有資格者が在籍している場合もあります。こうした専門家がいる場合、家庭教師の選び方やカリキュラムなどに対してバックアップが受けられます。

すぐに相談ができる体制がある

発達障害を専門としている家庭教師-ビスでも、いざ利用するとなると不安なことも多いと思います。そのためスタッフなどにすぐに相談できる体制が整っているサービスを選ぶのがおすすめです。

まとめ

発達障害を持つ子供は、学校で他の生徒と同じ様に授業を受けるのが難しい場合もあります。家庭教師であれば、その子一人一人にあったカリキュラムを組んでくれます。

学習について悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。